ニキビの種類

白ニキビの特徴

白ニキビは、古い角質が蓄積され毛穴が詰まり、出る場所のなくなった皮脂がスムーズに排泄されず、毛穴が徐々に大きくなって皮膚がふくらんでいる状態のニキビです。

「閉鎖面皰(へいさめんほう)」とも呼ばれ、毛穴のところにプクッと白く腫れたものがあり、つぶすと白いものが出てくることが多く、膿が白く透けて見えることから白ニキビと呼ばれています。毛穴のもり上がっているところが閉じているため、皮脂は空気に触れずにすむため、黒ニキビのように黒く酸化することがないので白く見えるわけです。

白ニキビは、ニキビの初期段階ですが、皮脂や角質が詰まって毛穴の入口が閉じた状態ですので、アクネ菌が繁殖し炎症を起こしやすく、やがて赤ニキビへと悪化します。この段階での早目のケアが大切です。

白ニキビ対策のポイント

毛穴の奥に貯まった皮脂の取り出し方には、熟練した技術が必要なので、自宅でできるセルフケアとしては、食生活も含めた生活習慣などを見直すことが大切です。また、洗顔の際には、その後の保湿もしっかりと行ってください。

生理前に白ニキビができやすいのは、主にホルモンバランスの崩れが原因となります。生理のときは、とくに睡眠をたっぷりとるようにしましょう。生理が終われば、ホルモンバランスも正常に戻り、白ニキビも改善されてきます。

白ニキビは、直径が1〜3mm程度で、目で見てもわからないものも多く、知らないうちに悪化してしまうため、ニキビができやすい人は、定期的なチェックと日常生活の見直しが大切になります。

  • 24時間いつでも気軽にWEB相談
  • らくらくカウンセリング予約