ニキビの種類

黒ニキビの特徴

白ニキビが別名「閉鎖面皰」と呼ばれるのに対して、黒ニキビは「開鎖面皰(かいさめんほう)」と呼ばれています。

白ニキビとは逆に、毛穴が開いてしまい、皮脂が空気に触れて酸化し、黒くなった状態のニキビです。また、黒く見える部分の皮脂にメラニン色素が集まってできたという説もあります。

よく毛穴の黒ずみが気になるといいますが、毛穴が黒いだけなら、単なる毛穴の汚れともいえます。しかし、最初に白ニキビができていたなら、白ニキビが変化して黒ニキビになり、黒ずんで見える可能性は高いでしょう。白ニキビと同様はやめのケアが大切です。

黒ニキビ対策のポイント

黒ニキビも白ニキビと同様、毛穴をやわらかく保ち、皮脂の分泌が正常に行われ、皮脂の質が悪くならないよう、食生活を含めた生活習慣の見直しが大切です。ただし、初期段階なので、洗顔など普段のケアで治すことも可能です。くれぐれも白ニキビ同様、黒ニキビを無理に潰すのはやめましょう。

毛穴の黒ずみを取り除くパックが人気になっていますが、これは一時的にさっぱりした気分になるだけのこと。パックでは黒ニキビを完全に取り除くことは難しいのです。かえって毛穴の周りの角質を剥ぎ取ることになり、この部分の皮膚がさらに厚くなり、皮脂の分泌も正常に行われなくなります。つまり、黒ずみを取るためのパックで、さらに黒ずみを作ってしまうということです。

毛穴の黒ずみが汚れではなくニキビなら、洗顔のときに黒ずんだ部分を一生懸命に押し出そうとすることで、逆にそれが刺激となり、皮膚が厚くなって黒ニキビが増えてしまう結果になりかねません。また、黒ずみを無理に取るとニキビ跡になったり、取った後に雑菌が入って化膿してしまうこともありますので、無理に取るのはおススメできません。

  • 24時間いつでも気軽にWEB相談
  • らくらくカウンセリング予約