ニキビの種類

赤ニキビの特徴

思春期ニキビと違い、赤ニキビは顔全体に勢いよく広がることが多く、皮膚に「丘疹」と呼ばれる赤いブツブツが出て繁殖し、炎症が起きた状態をいいます。

加齢により肌のターンオーバー(肌サイクル)が乱れることで、今までは洗い流せていたホコリや余分な皮脂、ファンデーションなどの汚れや古い角質などが毛穴に詰まりやすくなるともいわれています。

白ニキビや黒ニキビのケアを怠ると、皮脂が大好物のアクネ菌や表皮ブドウ球菌などが、毛穴の中で繁殖し炎症を起こして悪化し赤ニキビとなります。いったん炎症が起きると、白血球がニキビ菌を攻撃するため、周囲の組織が傷害され、凹凸や赤み、色素沈着などのニキビ跡につながっていきます。さらに、この状態が進むと、赤みが増して大きくなり、膿をもってかなりの重症となります。このような状態を「化膿ニキビ」とも呼びます。

赤ニキビ対策のポイント

赤ニキビは清潔にし、手で触ったり刺激を与えないことが大切です。 髪の毛も雑菌が多いので、ニキビに触れないように注意が必要です。赤ニキビは触れると熱を持っていたり、炎症を起こしているので、洗顔とスキンケア以外は触らないこと。

赤ニキビになってしまうと、肌がきれいに戻るかどうか微妙なところです。白ニキビ、黒ニキビの段階でいかに早く、適切に対応できるかが重要となります。

また、赤ニキビはストレスにも関係しています。ストレスを過剰に受けていると、男性ホルモンによく似た黄体ホルモンが分泌され、首やアゴなどにニキビができやすくなりますので、上手にストレス発散すること。赤ニキビになってしまうと、ケミカルピーリングやイオン導入など、美容外科の治療が有効ですが、白ニキビや黒ニキビの段階でケアすることが一番です。

  • 24時間いつでも気軽にWEB相談
  • らくらくカウンセリング予約