ニキビの予防ケア

ストレスはニキビにとって大敵

あらゆる病の元凶ともいえるストレスは、ニキビの原因の一つでもあります。必要以上にストレスを感じたり、継続して長くストレスを受けていると、カラダの中のストレスホルモンが過剰に分泌され、ビタミンB2の働きが抑制されます。ビタミンB2は、皮脂の量をコントロールするのに必要な栄養素です。不足すれば皮脂の分泌は過剰になります。他にも、ストレスは血行を悪くしたり、肌の免疫力を低下させるなど、ニキビにとって大敵です。

適度な運動とリラックス

運動をすることでストレス発散にもなりますが、運動はニキビの原因でもある便秘の解消にもつながります。カラダを動かすことで、自律神経の働きも整いストレスは緩和されます。ただし、普段運動をしていない人がいきなり無理な運動をすればケガのもと。ウォーキングやストレッチなど負担の少ない運動から始めましょう。

また、ストレス解消にはリラックスが大切です。好きな音楽を聴くこともリラックス効果につながります。とくにα波を導き出すヒーリングミュージックがおススメです。

さらに、アロマテラピーもリラックス効果的があります。アロマはいろいろな種類がありが、イライラしているときには、気持を安定させるゼラニウム。神経が高ぶって眠れないときには、気分を鎮静させるラベンダー。落ち込んだときなどにはベルガモットがおススメです。コットンやティッシュに含ませて枕の下に置けば、手軽にアロマ効果を楽しめます。深呼吸をすることで、自然とカラダの奥深くまでアロマの香りが浸透していきます。

入浴もストレス解消になります。38〜40℃くらいの温めのお湯にゆっくりと浸かることで、心身ともにリラックスできます。半身浴で20分ほど湯船につかれば、新陳代謝が活発になり、背中や胸のニキビ予防にもなります。

姿勢が悪いのもストレスにつながるだけでなく、猫背になり、内臓が圧迫され調子が悪くなることもあります。内臓の調子が悪ければ、お肌のコンディションにも影響し、口の周りのニキビや吹き出物にもつながります。歩くときやデスクワークのときなども、意識して背筋をピンと伸ばすよう心がけてみてください。

  • 24時間いつでも気軽にWEB相談
  • らくらくカウンセリング予約