ニキビの予防ケア

ニキビと仲良くオシャレなヘアスタイル探求!

ヘアスタイルはおしゃれにとっても欠かせない要素ですが、ニキビにも影響を与えます。

皮脂の分泌が活発なTゾーンに髪の毛が触れると、それが刺激となりニキビができやすくなります。毛先を顔に向けて流すシャギーなどは、毛先が揺れて動くたびに肌に触れて刺激してしまいます。ニキビができやすい人は、毛先を外に流したり、サイドの髪の毛を耳にかけたり、前髪がオデコに触れないよう、なるべく顔を見せるスタイルにしましょう。

ニキビを隠そうとして、わざと髪の毛で顔を隠している人もいますが、これではかえってニキビが悪化してしまうので要注意!

シャンプーでニキビの前兆をチェック

また、ストレスを抱えていると、皮脂量をコントロールするビタミンB2の働きが抑えられ、皮脂の分泌が過剰になります。そのため、頭皮も同じように脂っぽくなり、シャンプーのときも泡が立ちにくくなります。いつもと同じ間隔でシャンプーをしているのに「泡立ちが悪いかな?」と感じたら、ニキビができているかニキビの前兆ともいえます。このようなときには、髪の毛がオデコなどを刺激していないか、ヘアスタイルをチェックしてみましょう。

生え際のニキビは、シャンプーのときに残った洗浄剤が刺激となります。すすぎは十分に行いましょう。もちろん、洗い残しは髪の毛意外にも影響を与えます。シャンプー剤が背中に残っていれば、背中の毛穴をふさぎ背中ニキビの原因になります。

  • 24時間いつでも気軽にWEB相談
  • らくらくカウンセリング予約