よくある質問

Question

思春期ニキビと大人ニキビはどう違いますか?

Answer

思春期ニキビは、9歳頃〜18歳頃の思春期にホルモンバランスの変化により発生しますが、ホルモンバランスが安定してくると自然に治ることがほとんどです。一方、20歳以降にできる大人ニキビは、口のまわりやアゴ、頬や背中などにできることが多く、生活習慣の乱れやストレスなどの要因が複雑に絡み合っていて、治りにくくできやすいのが特徴です。

ただし、一概に年齢だけで思春期ニキビと大人ニキビを区別できない場合もあり、実年齢より肌年齢が若い人や、逆に肌年齢のほうが老けている人もいるからです。いずれにしても、正しいスキンケアと食生活も含めた生活習慣を見直すことが重要です。

ニキビのよくある質問トップに戻る

  • 24時間いつでも気軽にWEB相談
  • らくらくカウンセリング予約